FC2ブログ

よし稲亭

日々の出来事綴り帳

脚だけのおじいちゃん 

小学1年生の夏休み、小泉八雲の「怪談」の文庫本をいとこから譲られて以来
怪談やオカルト好きとなったもなみ。


現在はYouTubeの怪談朗読チャンネルを聴きまくり、さらにそこから波及して
いくつかのウェブサイトやSNSを読み漁るという日々を送っております。はい。

ひと口にオカルト好きと言っても、いくつもジャンルがあるし嗜好は人それぞれ。
私は「そこはかとなく怖~い」のに萌えるタイプです。



そんな中ふと、自分も怪談話を書いてみたくなったりして色々怖い設定を考えるんだけど
私には一切霊感がなく、不思議体験と言えるエピソードもひとつふたつのレベル。

そこへ行くと、私の妹は「見える人」というか「見えたことがある人」でして
今日はひとつそのお話を。

お化けの話が苦手な方は、続きを開かないよう気をつけてくださいね (´艸`*)





ある時、妹が言ったのです。
「前にウチの中で幽霊見たんだよね。でもあれ絶対おじいちゃんだと思う。」


今から十数年前、妹はまだ嫁入り前で実家から隣町の商業施設に働きに通っていました。
店じまいが夜の8時か9時頃だったので、いつもローカル線の最終列車で帰って来てた。

その日は、翌日にTという我が兄弟の三番目、妹にとってはすぐ上の兄の結婚式を控えて
家の者はみんな早めに休んでしまっていて、妹を迎える者はいませんでした。

クタクタになって家に帰りつき、ひとりぼっち、手元灯だけ点いた薄暗い台所で
いつものように手洗いとうがいをした彼女。


隣りの居間へ入ろうと振り返ったその時
右手の廊下の段差のところに、茶色いズボンの脚だけがボーっと立ち尽くしていたんだそうです。

その場所でよくそうしていたのは、在りし日の祖父の姿。
脚の悪かった祖父はその段差のところで一旦立ち止まってから、ゆっくりそこを降りていました。
茶色いズボンもよくはいていたし。



数年後何かの折に、初めて妹がそのことを打ち明けて来たのでした。
もなみ 「やだ何それ。」
妹 「うん本当。」
もなみ 「怖くなかったの?」
妹 「なんで?おじいちゃんだもん。
   Tくんの結婚式の前の日だったから、嬉しくて出てきたんじゃない?」

彼女は私より13歳も下だけど、器のデカいところがあって末っ子なのに姉御肌なんです。
おじいちゃんもそんな妹の性分を分かっていて、安心して出てきたのかも知れません。



ここだけ聞いたらちょっといい話とも思えるけれど、問題はその現場。
そこは心霊スポットではなく、今も普通に暮らしている家の中なんですよね。。。

普段は忘れてしまっているけど、時々ふと「ここだよなぁ。」って思い出してしまうのが
ちょっと怖いもなみであります。



CM: 5
TB: --

コメント

こんにちは^^)

恐る恐る続きを読んだけど・・、幸い怖くなかったよ、良かったぁ。
お爺ちゃんがずっと家族みんなを見守ってくれてるって思った。
でもそれは、もなもちゃんちの廊下の段差とかを知らないからだと思う。

怖がりの所以は、どんどん怖いことを頭の中で膨らませるからと思うの。
だからその元を頭に入れないのが1番、小泉八雲とかもっての外よ。^^;
もなみちゃんが怪談話作家になっても、残念だけど読めないと思う、ごめんね。

もふもふ903 #- | URL | 2021/01/24 11:58 * edit *

もふもふ903さま♪

もふもふさん♪ こんばんは~(^^)/
いつもコメント下さってありがとうございます♪

怖がりのもふもふさんに読んで頂けてびっくり!
嬉しいのと同時に申し訳ない気持ちです(^^;)ゴメンネ
恐怖心は自分自身で膨らませているんですねぇ。確かにそうかも。
でも意識しないぞ、と思うほど意識しちゃうから困ります(笑)

怪談と言っても思わず泣けてしまうような切ない話もあったりして
なかなか奥深いんですよねぇ。
風景描写が素晴らしくて、頭の中で映像を再現できたり。
ジャンルはともかく、そういうお話を書ける作家さんに憧れます。

もなみ99 #bM4TJFTs | URL | 2021/01/25 19:25 * edit *

山へ行くと…

山へ行くと真面目に怖い話たくさんあります…。
古い墓石が転がっていたりします(実話)。

去年はメンバーの方が山から3人も連れ帰ってきたりして、本当に大変でした。
あ、もなみさんが怖くなるといけないのでここらで止めておきます。

あ、本当に寒気してきました…。
誰かに見られている気がするのは気のせいでしょうか…。

じゃん #- | URL | 2021/01/25 21:17 * edit *

じゃんさま♪

じゃんさん♪ こんばんは~(^^)/
いつもコメント頂きありがとうございます♪

柳田國男「遠野物語」にも山で出会った怪の話がたくさん出てきますが
現代にあってもそのような出来事は起きているのですね。
んんん・・・これは大変興味深い。
でも当事者・関係者の方には冗談じゃないって話ですよね。

じゃんさんをじっと見ているのは・・・ワンコ達?(笑)

もなみ99 #bM4TJFTs | URL | 2021/01/26 18:41 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2021/02/15 19:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

▲Page top