FC2ブログ

よし稲亭

日々の出来事綴り帳

あったかい出来事 

いつもの業務が始まって1時間ほど経った頃、オフィスの電話が鳴りました。

出てみると、県南にある町のコンビニの店員さんからでした。
その町には今、施工中の現場があって、ウチの社員もそこへ行っているはずの日。

事故、苦情・・・咄嗟に、何かのトラブルか?と身構える私。
でも、用件は全く逆の、むしろとてもありがたい電話だったのです。



「そちらに、Oさんて方はいらっしゃいますか?
 今朝、ウチのトイレに財布をお忘れになってまして。」

お店で預かっているので、本人と連絡を取ってほしいとのこと。
あらまぁ、わざわざありがとうございます・・・と恐縮しつつ電話を切って
今度は置き忘れたO君の携帯に連絡。
なんと本人は財布を紛失していることにも気付いていませんでした(笑)



だけど名刺を持たされていない彼。
コンビニの店員さんは、どうして勤め先の電話番号が分かったのか?

後でO君本人に確認したところ、身元が分かるようなものは健康保険証ぐらいしか
入っていなかったそう。
その保険証にも、勤務先名称は記載があるけど電話番号までは書かれておらず。。。
そう考えると店員さんは、わざわざ電話番号を調べて連絡してくれていたようなのです。


さらに、たまたま別件でオフィスの電話の着信履歴を見たところ
こちらの始業時間前にも2回ほど、そのコンビニからの着信が記録されていて
なんてこったと驚いちゃった。

私には経験がないから分からないけど、普通ここまでしてくれるの?って思ったら
ちょっと感動してしまいました (ノД`)・゜・。

忙しいところに、余計な作業と言えなくもないことよ?
他人事ながら妙にうれしくなっちゃって、その日は一日中、顔がほころぶもなみでした。

いろいろとお手数をお掛けしたにもかかわらず、多くを語らなかった店員さんに
普通のお礼しか言えなかったのが悔やまれます。



見つけてくださった方、そしてセブンイレブン矢吹北町店の店員さん、
本当に本当にありがとうございました (´▽`*)




CM: 4
TB: --

▲Page top