FC2ブログ

よし稲亭

日々の出来事綴り帳

2018ポテトチップス47都道府県の味 

昨年に引き続き、カルビーのご当地ポテチのキャンペーンがスタートしたようで

キャンペーンサイトはこちら


第1弾として発売されていた、地元福島の「こづゆ味」をさっそくゲットしてしまった♪

DSC_0189.jpg


「こづゆ」とは、干し貝柱の出汁に、里芋・しいたけ・人参・きくらげ・糸こん・豆麩などを
細かく切って醤油で煮込んだ、会津地方の郷土料理であります。

お正月や冠婚葬祭、ハレの日などに塗りのお椀でいただくそうなのですが
実のところ私はまだ食べたことがないのです。
たまたま機会がなかったのかな。。。

そんなわけで、本家本元のこづゆより先に、ポテチで初体験してしまいます。

DSC_0190.jpg

結論から言うと、貝柱の風味が効いてて美味でした💛
去年の「いかにんじん味」よりも良い出来に仕上がっているように思います (*´ω`*)

そのうち本当のこづゆも食べてみたいなぁと思った、もなみでした。
どこかでこの「こづゆ味」のポテチを見つけたら、ぜひご賞味あれ~♪♪




CM: 4
TB: --

2018-10-21 浪江町請戸 

21日の日曜日は、もう文句の付けようもないほどの秋晴れだ!という天気予報。
都合の良いことは信じることにして、お昼のうどんをかきこみ、出発しました。

目的地は浪江町請戸。
去年の10月9日にもほぼ同じルートで出掛けているので、ちょうど一年ぶりです。

20181022193338560_0001.jpg

ルートをWebで見る



阿武隈川の飯野堰堤を横目に、木漏れ日の下を進みます。
IMG_1117.jpg 

 
やがてR114とR349の交差点から少し緊張が走るのは、去年と同じ。
それでも、道路の補修や拡幅の工事が目につくところは大きな変化です。
IMG_1118.jpg IMG_1119.jpg
去年はR114の再開通から間もなくで、手付かずの状態だったから。


警戒区域に置かれている、これらの看板の数はずいぶん少なくなったけれど
依然として高線量であることには変わらないようです。
IMG_1121.jpg IMG_1123.jpg


汚染されているとは思えないほど、普通にきれいに紅葉が始まっているな。。。
IMG_1122.jpg
この先で、毛艶も美しい野生のサルのグループにも遭遇しました。


R6を突っ切って、浪江町幾世橋の辺りを海岸線に向かってみると
波音が低くとどろき、潮の香りがかすかに漂ってきます。
IMG_1125.jpg IMG_1126.jpg

IMG_1127.jpg IMG_1129.jpg
去年はたどり着けなかった、請戸漁港へ何とか来れました。
試験操業の漁船たち。 すぐそばには遺構が手つかずのままです。


港から少し南に下ったところへ移動。 
IMG_1130.jpg IMG_1131.jpg

IMG_1132.jpg IMG_1133.jpg

IMG_1140.jpg IMG_1141.jpg
とにかく見渡す限りの海岸線は、防潮堤の工事が進んでいるところのようです。


ふと南に目をやると、見覚えのある4本の排気塔。
東京電力福島第一原子力発電所だ。。。
IMG_1135.jpg IMG_1137.jpg
自分が立っているところから7kmしか離れていなかったらしい。
こんなに近いとは、あらためて恐ろしい。。。


今度は港の北側にも行ってみました。
IMG_1144.jpg IMG_1143.jpg

IMG_1145.jpg IMG_1146.jpg


8年ぶりの請戸の海と、空は、変わらずきれいでした。
IMG_1139.jpg
また来れて、本当に良かった (´ー`)





CM: 0
TB: --

ハロウィン 

「ハロウィン」というお祭りが、日本でも定着した感があります。

もともとはヨーロッパ発祥の宗教行事らしいけれど
もう今では欧米でも本来の意味合いが失われつつあるんだとか。

秋のはじまり、町のあちこちにハロウィン仕様のお菓子や雑貨が並び出すのにも
違和感も何も感じなくなりました。
積極的に関わろうとも思いませんけどね( ̄ー ̄*)

そんな9月のお月見の頃。
行きつけの美容室の先生から興味深いお話しを聞きました。



先生「昔は、縁側にお供えしてある月見のお菓子を
   見つからないように取って食べても良かったんだよ。」
もな「えっ?そうなの?」
先生「うん。見つからなければね。
   見つかっちゃうと、コラ~って怒られちゃうんだけど。」
もな「へー。初耳。」

先生「あとね、10月か11月頃だったと思うんだけど
   夜にね、近所の子供たちがみんな袋を持って集まって、よそのお家に行くの。
   『かっ、かっ、かっ、かっ、おやつくんち』って大きな声で言うと
   そのお家の人が袋にお菓子を入れてくれて、そうやって何軒も訪ね歩いたんだよね。」
もな「それって、まるっきりハロウィンじゃないですか!」



子供が夜、お菓子をねだって練り歩く習わしが、こんな身近にあったなんて。
今から40年余り前の郡山市内でのことだそうですが、びっくりしました。

洋の東西を問わず、偶然にも似たような現象が起こることってあるけど
ハロウィンもそうだったのかなぁ。。。不思議~面白い~\(^o^)/♪

日本のどこか他の地域にも、似たような風習があるのでしょうかねぇ?





CM: 2
TB: --

初秋の散歩 

半月ぶりにふらりと実家へ帰りました。


お昼ご飯を食べ終えると早々に、母が出掛けると言い出して
聞けば、ロコモ(ロコモティブシンドローム)対策のために
毎日近くの公園の中をウォーキングしているというのです。


骨や筋肉の機能が衰えると、要介護になる危険が高くなるっていうので
サプリや何だのCMで良くやっていますものね。


そういう事ならば、どんどんおやりなさいな♪と、思ってしまった私。
たまたま預けられていた5歳の姪は、ドングリを拾いたくなったらしく
そうして母のお伴をすることになりました。


私の車で実家から程近い、須賀川牡丹園
紅葉の見頃はもう少し先のようです。

DSC_0170.jpg  DSC_0173.jpg

DSC_0178.jpg

DSC_0180.jpg  DSC_0181.jpg


余りに近所すぎて、園の中に入るのも相当久しぶりでしたが
若い時にはさして興味の無かった花や木、清々しい空気・・・
母のおかげで、好い所があったものだなぁとしみじみ感じる午後でした。





CM: 2
TB: --

五平餅 

昨日、仕事で市内の百貨店に行った時のこと。
地下の銘店街からエスカレータで階上へ戻ろうとすると
登り口のそばに、「五平餅」の出店を発見!


前作のNHK朝ドラ「半分、青い。」をご覧だった方にはお馴染みであろう
昔ながらのおやつ。
半搗きのうるち米に、クルミやゴマの甘辛いタレを付けて焼いてます。

DSC_0169.jpg


朝ドラの中では岐阜の名物として登場し
中村雅俊扮する、仙吉っつあんがせっせと焼いておりましたが

DSC_0167.jpg  売り子のおじさん曰く、五平餅はそもそも愛知の食べ物だとか。


米を主食として来たこの国。
我が福島県は会津にも「しんごろう」というのがあるし
似て非なるものは全国津々浦々に存在しているはずですからねぇ。


まぁ元祖がどこであれ、朝ドラ効果で全国どこへ行っても大変な売れ行きらしく
おじさんニコニコでありました。




それにしても、今日は朝からずっと冷たい雨が降っています。

恋人も濡れる街角/衛蘭





CM: 0
TB: --

怪獣ロマネスコ 

前半は台風の余波で風が強かったものの、おおむね好天の三連休。
休みのたびに悪天候が続いたけれど、久しぶりにお布団も干せて気持ちが良かった♪

好きな時に寝て起きて、好きな時に好きなモノを食べる、ぐうたらな時間を満喫して
ものすごくリフレッシュした気分です。


そんな休日、コンビニでお昼ごはんを調達したら、「コヤツ」が入っていた。

DSC_0165.jpg

カリッコリーとか、ロマネスコとか呼ばれるこの野菜。
一部ネット上では「怪獣ロマネスコ」なんて言われているみたい(笑)

yjimageRG30FAZ8.jpg ※この画像はお借りしました m(__)m



スーパーでお初にお目に掛かった時に、この造形に拒否反応を催して以来
ずっと避け続けてきたのに、こんなところで再会するとは (; ・`д・´)

食せばブロッコリーとカリフラワーの中間みたいで、食べられなくはないけど
もう私としてはとにかくこの姿かたちが、なんでか知らんが無理~~((((>_<))))





CM: 4
TB: --
『探し物はある所を探せ。分からないことは知っている人に聞け。』
というのは、かつての職場の大先輩が呟いていた言葉。

彼は頭脳明晰、優秀過ぎるが故に発言がショートカットしてしまう人で
たまに会話する時など、私の頭の中は「?」だらけでしたけど。

あまり接点はなかったけれど、どうしてかずっと頭の片隅に残っていて
時々、つくづくそれって真理だなぁと思うのです。



仕事の上で、なんでも安易に誰かに問えば答えてくれると思っている人には
ホント辟易。

例えば、メールの内容に疑問があれば、発信者に尋ねれば良いし
作業の指示に不明確な部分があれば、指示者に尋ねれば良いと思うんだけど

なぜ手っ取り早く、近くの人に尋ねようとするのか?
親切にも一緒に悩んでくれようとする人の時間を、勝手に搾取してるんだよ?
って、思ってしまうのです。



まぁ、早い話が愚痴なのですけれど、たまには呟かせてくださいw
そんなわけで、タイトルの言葉が私にとって、金言であり戒めでもあるのでした。




CM: 3
TB: --

▲Page top