FC2ブログ

よし稲亭

日々の出来事綴り帳

ターナーの汽罐車 

連日厳しい暑さが続いています。
外に出て息を吸い込むと、熱い空気が鼻から喉へ舞い込んでくる感じ。

くれぐれも熱中症には気をつけて過ごしたいですね!



連休中、避暑を兼ねて市立美術館へ行ってきました。

DSC_0144.jpg

中心市街からわずか4キロほど離れた高台に、緑の森。
木々のあちこちから、ひぐらしの澄んだ声が降り注いでいました。



屋根付きの長いアプローチを進んで館内へ。

DSC_0140.jpg DSC_0141.jpg DSC_0142.jpg




19世紀イギリスの風景画家ターナーの企画展です。

DSC_0139.jpg



ターナーの作品『雨、蒸気、速度 -グレートウェスタン鉄道』が
山下達郎の「ターナーの汽罐車」という曲のモチーフだというのは
達郎ファンなら知ってて当然。
一度その絵を実際に見てみたくて出掛けたわけなのでした。



音声ガイドも利用して、じっくり1時間強。
油彩、水彩、版画など約180点に見入って過ごしました。

様々な画材、様々な手法を使って描かれていること、
作品を通して訴えようとしていることや、作風の変化。。。

やっぱり「絵」は解説がないと難しいですね (^_^;)


DSC_0148.jpg DSC_0145.jpg

結局今回の企画には、件のおぼろげな油絵はエントリーしてなかったのですが
なかなか豊かな時間を過ごすことができました。

「ターナー 風景の詩」展は、郡山展が国内最後の開催だそうなので
お好きな方はぜひ。











CM: 2
TB: --

イワヒバの陽除け 

西日本に降り続いた大雨は、記録的な大災害になってしまいました。
未だ被害の全容が分からないって。。。言葉がない。

助けを求める人に一刻も早く手が届きますように、
渇きを癒すきれいな水と、温かいご飯と、手足を伸ばして眠れる場所が
一人も漏らさずに行きわたりますように!!!
とりあえず、とりあえず今は。





皮肉にも、私の暮らす町はこの梅雨、雨が少ないようです。
溶けそうに暑い日が続いたので、イワヒバたちの陽除け問題が浮上してきました。

師匠は遠くに住んでいるのでアテにできないし、知恵を絞るにも無いものは仕方ない。
とりあえず、100円ショップ品で応急処置をしました。

DSC_0134.jpg

およそ190センチの高さにフックを取り付けるためには
この狭いベランダで脚立に上がらなくちゃいけない。。。

風になびくオーニング、しっかりつかめる場所もなく
落ちるんじゃないかという恐怖感と闘いながら、何とかフックを取り付けたけど

DSC_0137.jpg  止め金具が3箇所とも、斜めに浮いてしまっている。


でも、もう一度脚立に登ってやり直す勇気が出なかった、もなみでした。





CM: 2
TB: --

2018年7月6日(金) 

今住んでいるアパートに引っ越して、一人でせっせと荷ほどきしている最中に
ラジオから流れてきたのが、地下鉄での悲惨な事件の発生を伝える声だった。


半世紀生きてきて、戦慄を覚える瞬間というのが何度かあった。
阪神大震災、神戸連続児童殺傷事件、アメリカ同時多発テロ事件・・・
オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件もその一つだ。


自分にとって、どうしても理解できない考えを持っている人はいる。
直に接触することがなければ、やり過ごすだけのことかも知れないけど
一方的に危害を加えられるなんてたまったものじゃない。


2018年7月6日。
麻原彰晃と、一部の教団幹部合わせて7人の死刑が執行されたニュースが
どんよりと曇った梅雨空を一層重たく感じさせた気がした。


決して、死刑廃止論に賛成するものではないけど
「凶悪な犯罪者を税金使って生かしておくなんて、死刑執行は遅いくらいだ。」とも
思わない。
それは私が当事者でも遺族でもない、傍観者だからなのか分からないけど。


どんな人だろうと7人もの人がいっぺんに、国によって死に至らしめられるなんて
私には少なからずショックだった。
執行に携わる人も気の毒だと思う。
だけど、そのことで救われたと感じる人にとっては「救い」なんだと思うと
なんだかよく分からないため息が出る。


夜に書く日記や手紙はネガティブ思考に陥りやすいというから、もうやめておこう。
おやすみなさい。
大雨の降っている所にお住まいの方は、どうかお気をつけて。





CM: 0
TB: --

モンスタークレーマーもなみ 

職場の町名地番が変わることになり、先月から対応に追われている。
40年ほど前から区画整理事業の計画区域に入っていて
ようやく換地処分が完了したということらしい。
こんな経験は初めてなので、何をどこからどうしたら?・・・って感じだ。


通販サイトの登録情報を変更しようとしたら、新しい郵便番号がまだ反映されていない。
ちなみに、郵便局の郵便番号検索ページ上でも情報は更新されていなかった。
他に問い合わせたいこともあるので、担当〒局の代表電話に掛けてみたところ通話中。
HPには代表電話番号しか出ていないのでそんなことだろうな、とは思った。


ちょっと教えてほしいだけなのに。。。するとHPの下の方に
「郵便サービス全般について、オペレータがお答えいたします。」って
書いてあるので、そちらに救いを求めて電話した。


お客様サービスセンターのオペレータさんには、思ったより早く繋がったけれど
違和感を覚えるような言いっぷり。
私が「地元局に掛けても繋がらなかったので」と言ったことをクレームと思ったようだった。
こちらの発言を繰り返し復唱して、一言一句まで確認するといった対応。
なんかイヤな感じーー ( ̄_ ̄)


結局センターの方から地元〒局に申し送りの上で、地元〒局から回答をもらえることになった。
一時間ちょっと経ってから電話をくれた地元〒局の女性も何か切れ気味で
なんだか自分がもの凄いモンスタークレーマーになったみたいな気分で不愉快だった。


問い合わせ先を「お客様サービスセンター」とか「サポートセンター」とかに集約するのは良いけど
サービスとかサポートっていうより、臨戦態勢みたいな対応は一体なに!?
みんながみんなそうじゃないし、オペレータさんにも苦労はあるだろうけど
もうちょっと何とかならないのかな・・・って思う、腹ペコの雨の夕方。




CM: 8
TB: --

▲Page top