FC2ブログ

よし稲亭

Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門出

先日の成人の日に、一番上の姪が大人の仲間入りをしました。

1547609639142.jpg

自慢ですけど、めっちゃ可愛いです (´艸`*)

早いもので・・・って、親にとっては苦労が数々あったのでしょうけれど
あの赤ん坊がこんなに大きくなったかと思うと、親でなくとも泣けてきます。

「ロールパンナちゃん」も「チワワ」も、上手く言えなかったくせに~~(ノД`)・゜・。




彼女らが小学校の卒業を迎えようとしていた時に、東日本大震災に見舞われました。

遅れて開かれた卒業式は全員揃うことができず、校長室で行われたそうです。
図らずも、特に印象深い卒業~中学入学を迎えることとなった彼女たち。

12年ほどの人生経験しかしていない子どもたちの小さな胸で
どんな風にあの出来事を受け止めたか、とふと思ってしまいました。




姪っ子ちゃんはこの春から親元を離れ、福島県からも飛び出して
自分の人生を自分の足で歩きだすことになっています。

嬉しいような、寂しいような、羨ましいような、何か複雑な気持ちをかみしめつつ
只々彼女の幸せを願わずにはおれない
おば・・・おば・・・おばちゃんなのであります (ノД`)・゜・。

「おばちゃん」て呼ばせたことはないけどね!!





スポンサーサイト

後輩たちの活躍!!

昨日(14日)まで行われていた、第97回全国高校サッカー選手権大会は
青森山田の2度目の優勝で幕を閉じました。

優勝校と東北勢同士の準決勝を戦ったのが、もなみの母校「尚志高校」。
もっとも、当時は女子だけの工業高校だったので、全く別の学校みたいな感覚ですけども (^^;)

今大会の後輩たちは、強豪相手に粘り強く勝ち進んでいったようで
TV観戦した準決勝の試合も、点を取り合う面白いゲームでした。
最後はPKで敗れてしまいましたが、私まで誇らしくなるような戦いぶりに感激でした。




今で言うJKだった数年前。。。 (´艸`*)
私の高校時代の3年間は、とにかく楽しい時間があっという間に過ぎて行き
両親には申し訳なくて言えないけど、勉強したことはほとんど記憶に残っていない状態です。
トランジスタの3本の足エミッタ・コレクタ・ベースを、
左手の親指・人差し指・中指に当てはめて覚えさせられたこととか・・・そんなところ。

部活に燃えたわけでも、ひたすら勉学に励んだわけでもないけれど
今の自分の中で、ひとつの糧となって残っている部分が少なからずあるものでして。
だから尚更、今大会で立派な成果を残した彼らにとって
この経験は大きな財産になって残るだろうなぁとつくづく感じる、卒業生のひとりであります。

DSC_0216.jpg
先制の瞬間!!

近視+老眼+興奮で、カメラもブレブレ (^^;)
しかし、あれですねぇ。
PK戦ていうのは、心臓に良くないです、ほんと。




七草粥

どうしたものか、去年の11月頃から次々と雑事が割り込んできて
充実感も達成感もないまま、ヌルッと新年を迎えてしまいました (^^;)

松も明けてしまったので甚だ簡単ではありますが、一言ご挨拶。

今年もゆる~く営業いたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
この一年が皆様にとってより佳きものでありますことを m(__)m



とりあえず7日から通常運転が始まったことですし、
乱れた生活リズムを徐々に整えるべく、七草粥を頂きました。

DSC_0211.jpg

「レトルトの白粥とフリーズドライの七草」のセットを見つけて
超簡単に済ませちゃいました (´艸`*)
ウチでは白米を炊かないので、これが便利でお腹にも優しかった♪

歳とともに、あっという間に時間が過ぎ去ってしまうものだから
今年は意識的に、折々の歳時を大事にしてみようかな。。。と一瞬思う、もなみです。




2018 初雪

2018年の初雪は、12月8日(土)深夜から降った模様です。
DSC_0208.jpg
寝ている間のことでした (^^;)


例年より半月遅めの初雪。
昨日あわてて車のタイヤをスタッドレスに交換しました。


どんな冬になることやら。。。
どうかできるだけ穏やかに過ごせると良いのですが (^人^)








あったかい出来事

いつもの業務が始まって1時間ほど経った頃、オフィスの電話が鳴りました。

出てみると、県南にある町のコンビニの店員さんからでした。
その町には今、施工中の現場があって、ウチの社員もそこへ行っているはずの日。

事故、苦情・・・咄嗟に、何かのトラブルか?と身構える私。
でも、用件は全く逆の、むしろとてもありがたい電話だったのです。



「そちらに、Oさんて方はいらっしゃいますか?
 今朝、ウチのトイレに財布をお忘れになってまして。」

お店で預かっているので、本人と連絡を取ってほしいとのこと。
あらまぁ、わざわざありがとうございます・・・と恐縮しつつ電話を切って
今度は置き忘れたO君の携帯に連絡。
なんと本人は財布を紛失していることにも気付いていませんでした(笑)



だけど名刺を持たされていない彼。
コンビニの店員さんは、どうして勤め先の電話番号が分かったのか?

後でO君本人に確認したところ、身元が分かるようなものは健康保険証ぐらいしか
入っていなかったそう。
その保険証にも、勤務先名称は記載があるけど電話番号までは書かれておらず。。。
そう考えると店員さんは、わざわざ電話番号を調べて連絡してくれていたようなのです。


さらに、たまたま別件でオフィスの電話の着信履歴を見たところ
こちらの始業時間前にも2回ほど、そのコンビニからの着信が記録されていて
なんてこったと驚いちゃった。

私には経験がないから分からないけど、普通ここまでしてくれるの?って思ったら
ちょっと感動してしまいました (ノД`)・゜・。

忙しいところに、余計な作業と言えなくもないことよ?
他人事ながら妙にうれしくなっちゃって、その日は一日中、顔がほころぶもなみでした。

いろいろとお手数をお掛けしたにもかかわらず、多くを語らなかった店員さんに
普通のお礼しか言えなかったのが悔やまれます。



見つけてくださった方、そしてセブンイレブン矢吹北町店の店員さん、
本当に本当にありがとうございました (´▽`*)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。